iPhoneの液晶保護シートの変わり種

iPhone用の保護シートは多数の種類があります。

一般的なのは見やすくしたり、汚れがつきにくくなっているタイプですが、ゲーム用に滑りが良くなっていたり、衝撃を吸収して液晶ガラスを割れにくくするタイプなどさまざまな商品が販売されています。
iPhone用の保護シートとして変わり種もたくさん出ています。

1つ目は抗菌タイプです。

iPhone6Sの在庫に今、注目が集まっています。

液晶画面は指でタッチしますが、さまざまな状況下で触るので衛生的に気になるという方も多く、抗菌タイプは人気があります。
防水タイプなら水洗いしてしまうという方もいますが、iPhoneは防水ではないのでシートで保護するという方も多いです。
次にフッ素加工されたシートも人気があります。



フッ素加工はフライパンなどでよく行なわれていますが、穂木シートの場合は汚れが付きにくいだけではなく、滑りが良くなる効果が高い商品です。

ふっそかこうが行われた商品はシートが貼られていないかのような自然な滑りが実現されており、商品によっては元々の強化ガラスよりも滑りとタッチ感が良く、ゲームで効果がはっきり出ると言われているものまであります。



また、フッ素加工された商品は厚みも少ないのが特徴と言えます。

また、携帯電話時代にはやったデコレーションをiPhoneでも行なうための各商品も人気です。

特に大きな液晶を可愛くするためにラメが入ったシートが人気が高く、さまざまな模様があしらわれた商品も価格が高めであっても購入する方が多いです。